豊胸手術の種類と効果の違い

豊胸手術の種類と効果の違い

女性なら、誰でも大きな美しいバストに憧れるのは当然のことでしょう。ひとえに胸を大きくすると言えど、豊胸手術にもさまざまな種類・方法があります。そこで、豊胸手術の種類やそれぞれの特徴について詳しく紹介します。

 

代表的な豊胸手術の3種類と特徴

シリコンバッグ挿入法

脇や乳房下部をメスで切開し、ジェルや生理食塩水などの液状のものを詰めた人工のシリコンバッグを挿入する方法です。豊胸手術のなかでも、最もサイズアップをすることが可能で、バッグは体に吸収されることがないことから長期間(バッグの寿命が来ない限り)、豊胸した状態をキープすることができます。

 

詳しく見る

 

脂肪注入法

自分の体についた余分な脂肪を吸引し胸に注入する方法です。自分自身の細胞を使用するため、豊胸後のバストの感触や見た目が最も自然とも言われています。執刀する医師の技量によっては脂肪注入した箇所ががたがたになってしまった、脂肪注入した箇所が大きな塊・しこり・石灰化になってしまったというトラブルもありましたが、採取した脂肪を加工する技術の発達や豊胸術の普及に伴い、徐々に安全性も高くなってきています。

 

詳しく見る

 

ヒアルロン酸注入法

シリコンバッグ挿入法のようにメスでの切開の必要や、脂肪注入法のように脂肪を吸引する必要もなく、注射器1本あればできるその気軽さから、プチ豊胸術とも呼ばれています。ヒアルロン酸自体、人体の中に存在する成分なので、注入による大きな拒絶反応は心配ありませんが、使用するヒアルロン酸の質や注入技術で豊胸後の仕上がりに差が生まれるのは確かです。脂肪注入法同様、しこりなどのトラブルは減少傾向にあるものの、やはりトラブルに巻き込まれないためには、その道のプロにお願いするのが賢明です。

ヒアルロン酸豊胸術を得意とする名医リスト

 

詳しく見る

 


ホーム RSS購読 サイトマップ